【原 料】
すり身プラント
地場の新鮮な魚(エソ・キス・ サメ・その他小魚)を丁寧に処理し、ベーリング海直送のスケソウダラすり身をブレンドする事により、魚の本来持っている自然な旨味がかもし出され、美味しくて栄養価の高い製品となります。
 
【工 程】
石臼 らいかい工程に、昔ながらの石臼を使用します。
ミンチ状の魚肉に調味料や卵白、でんぷん等を加え、石臼を使いしっかりとすり上げることにより、なめらかな舌触りと心地よい歯ごたえが生まれます。
 
【 味 】
地場の魚が持つ独特の風味と旨味を最大限引き出す為に研究したブレンド比率です。化学調味料に頼り過ぎることのない自然の味が蒲サのこだわりです。
 
【クリーンルーム】
出来上がった製品は冷却装置で冷却されます。竹輪や蒲鉾などは、出来上がったものをそのまま食べる事が多いので、特に清潔や衛生管理には最新の注意を払っています。
 
【検査室】
ここでは日々製造される各種製品の成分分析、細菌検査から、味・仕上がり具合などの内容を検査します。
お客様の多用なニーズに合わせた新しい製品や、包装紙まで、当社の製品を自信を持ってお届け出来る様毎日の検査と実験は欠かせません。
 
製造工程
 
お問い合わせ office@gamasa.co.jp